何年か前まで

市内の中学校のサッカー部に巡回指導に行っていた事がありました。
中心部だけでなく栃尾や与板だったり。学校の立地状況によっては、スクールバスがあって、始まったばかりの部活も30分程度で切り上げの所もあったりして。

写真はないのですが、市内大会は越路中さんが優勝したようです。
母校は次に頑張れ!

※写真の彼らはうちのU13選手達です。
彼らは春から週一回、越路中さんと合同トレーニングをさせていただいています。
身体的にも技術的にも不利な相手にどう対応するか?うちの選手はいつもトライさせてもらっています。クラブの都合でいつもU13の選手だけですが、越路中の選手達は一所懸命にプレーしてくれます。手抜きは全くありません。こういう姿がどこかで結果につながるといいなぁ。と思っていたら、結果に表れたようですね。もちろん、我々が何とか!というのはとんでもない話です。
私はこのクラブと部活の協力関係が地域のモデルケースになればとも思っていました。
嬉しい事です。
試合の結果に出なくとも、胸を張った地域性のある選手育成の形です。
そして子供達の教育の場です。プレー以外でも何かあると、トレーニングは中断し選手達で話し合っています。
これからも大切にしていきたい。そんな場所です。