帰る場所 by あさい

「ここには人の温度がある。」
当たり前のことですが、他と違う温度を感じたんでしょうねね。そう感じたのは私がビルボードでコーチを始める3年前のことでした。
今の中学三年生が小学生でしたね。わずかな記憶ながら、何名か生意気口をきいていたのを覚えています(^_^;)笑
私がビルボードを卒団、上京してから、およそ5年ぶりに訪れたのですが、空白の時間など関係なくチュッチュコーチがいつもの調子で迎えてくださり、私が帰る場所のひとつとなりました。←あとから本音を聞くと、私の変わりように少し驚いていたそうですが(・o・)

そして、私があのとき感じたことは、他の卒団生や、これから巣立っていく子たちも同じことです。あなたたちの帰る(還る)場所であることがビルボード

今日のジュニアユースの練習には、この春高校を卒業する5名のOBが来てくれました。卒団後の活動の場が違っても、サッカーでつながった仲間はこうやっていつまでも繋がっていくものです(^v^)
来春からはこの中から2名が学生コーチとして活動をサポートしてくれます☆また新しい風が吹きますね!